2018年11月28日

スペインの旅  2018/11/14~11/21   Part1

 スペインは日本と同じ緯度に位置するため、気候は東京とほとんど変わりがなく、天候にも恵まれ過ごしやすい1週間でした。首都はマドリッド。広さは日本の1.3倍で人口は日本の1/3です。時差は8時間日本より遅れます。

 スペイン1日目・マドリッド観光

 スペイン広場にある「ドン・キホーテ」の銅像。馬に乗っているのがドン・キホーテでとなりがサンチョ・パンサです。中央は原作者のセルバンテスの記念碑。

 「マヨール広場」マドリッドの中心に位置し、17世紀にフィリップ3世によって建てられた4階建ての建物に周囲を囲まれています。現在2〜4階はアパートとして利用され、1階はギフトショップやレストランが立ち並び、地元の人々や観光客で終日賑わっています。マドリッドでもっとも古い広場です。ちょうどクリスマスマーケットの準備中で広場は乱雑としていました。

 「サンミゲル市場」マヨール広場のすぐそばにあり、市場というよりガラス張りできれいな飲食店街といった感じ。フルーツや生ハム、ケーキ・菓子類、魚介類、お酒のお店がところ狭しと立ち並んでいました。私達は見学しただけですが、夜には観光客や地元の人々で混雑するそうです。

 次にプラド美術館を見学しました。パリのルーブル美術館、ロンドンのナショナルギャラリーと並ぶヨーロッパ3大美術館の一つです。スペインを代表する画家、エル・グレコ、ベラスケス、ゴヤらの著名な作品などが展示されています。ベラスケスの「ラス・メニーナス」とボスの「快楽の園」が印象に残りました。撮影禁止だったので、写真はネットから引用しました。

 午後からは古都トレドの市内観光です。トレドはスペインの中央に位置し、16世紀にマドリッドが首都になるまで都として栄えたところです。イスラム、ユダヤ、キリスト教の文化が入り混じった建物が残り世界遺産に登録されています。

 トレド大聖堂は今でもスペインカトリックの大本山で宗教の中心の場となっています。トレド大聖堂の内部です。

 夜はマドリッド市内に戻りフラメンコショーを観賞して1日目が終わりました。

新DSC03935.JPG 新DSC03947.JPG 新DSC03958.JPG新DSCsinnDSC03956.JPG 新20180310153841.jpg 新20180310154345.jpg新DSC03976.JPG 新DSC03991.JPG 新DSC04034.JPG新DSC04006.JPG 新DSC04069.JPG  

posted by ユキ at 11:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

11月1日発売の『つり情報』に載りました!

 ボート釣りジャンキーズというコーナーで「三浦半島観音崎で激流のアジを制する男」というタイトルで紹介されました。
11月15日発売の『つり情報』では実釣編として2回に渡って紹介されます。

 お時間がありましたら、是非書店もしくは釣具屋さんで覗いてみてください。

ジャンキーズ.jpg ジャンキーズIMG_0003.jpg ジャンキーズIMG_0004.jpg

posted by ユキ at 17:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

ダヤンと不思議な劇場

 池田あきこ原画展
 日時:10月17日(水)〜24日(水)
 場所:松屋銀座8階イベントスクエア 
   時間:am10〜pm8最終日はpm5で閉場

 作家池田あきこさんが35年間創り続けている『わちふぃーるど』は、異次元にある不思議な世界。私たちが住む『アルス(地球)』とは異なる住人達が暮らし、妖精や魔女が活躍する魔法の国です。そんな『わちふぃーるど』に迷い込んでしまった猫のダヤンと、その仲間たちの物語を体感できる新しいスタイルの原画展が開催されます。
 ナイトギャラリー、サイン会、ギャラリートーク、アートパフォーマンスなどのイベントが予定されています。是非足をお運びください。
ダヤンIMG_0001.jpg
posted by ユキ at 10:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

楽しい夏タチウオ釣り♪  2018/8/13

 先日手漕ぎボートでタチウオ釣りに行ってきました。

 場所は三浦半島東京湾側の京急大津というところで、横須賀と観音崎のちょうど中間になります。大津港には乗合船の船宿の他にレンタルボート店があります。

 通常はタチウオを釣りたければ遊漁乗合船という大きな船に乗って沖合の水深60〜80メートルのタチウオのポイントまで行かなければなりません。ところがここ京急大津は知る人ぞ知るボートでタチウオが狙える唯一の場所なのです。複雑な潮流の他に特殊な地形をしていて岸寄り一帯はゴロタ石が敷き詰められ、その水深10〜20メートルのエリアに夏場になるとタチウオが産卵にやって来るのです。

 タチウオを狙うにはエサ釣りとジギングというルアー釣りがありますが、当日はエサ釣りで狙って8本獲ることができました。昨年は一日中入れ食い状態で17本獲れた日がありましたが、今年はどうでしょうか。タチウオは10月初旬まで狙うことができ、その後はだんだんと深場に移動してしまいますので、ボート域では釣れなくなってしまいます。

 タチウオの習性を勉強したりエサや仕掛けを工夫したりポイントを研究したりと、釣果だけでなくボート釣りは楽しみが一杯です。

新新PA090909.JPG 新新P8131531.JPG 新新P8131527.JPG新PA020886.JPG

posted by ユキ at 12:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

思ってもみない生物と遭遇〜魅力一杯の油壺♪

 油壺は三浦半島の相模湾側の先端に位置し、青い空と眩しいほどの緑に囲まれた美しい小網代湾や休日には子供達で賑わうマリンパークで有名な所です。個人的には毎年5月になるとアオリイカを釣りに訪れるところです。またここ油壺では感動的な生き物と遭遇しています。

 3年前の6月初旬、アオリイカ釣りの後小網代湾奥にある小網代の森でゲンジボタルとヘイケボタルが飛び交う姿を鑑賞することができました。ゲンジボタルを見たのは初めてのことでした。

 それから一昨年、アオリイカを釣っている時、仕掛けに引っ掛かってきた海藻に巻き付いているタツノオトシゴを発見しました。水族館でしかご縁がなかったタツノオトシゴがこんな身近な所に棲息していることを知り感動しました。

 そして先日はボートのすぐ脇に頭を持ち上げた大きなウミガメを発見しました。どうやらこの時期三浦半島の随所にこっそりと産卵に来ているようです。釣り友のSさんはここで2頭のイルカと遭遇したそうです。さて次はどんな生き物と出会えるでしょうか。 

2018-06-25P6251427.JPG 2018-05-21P5211393.JPG 新2018-05-21P5211387.JPG(1)横堀海水浴場IMGP3604.JPG 新2018-05-21P5211415.JPG タツノオトシゴIMGP3654.JPGE696B0E696B0P6140455.jpg アオリイカ2700gP5211430.JPG    

posted by ユキ at 15:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする