2018年11月28日

スペインの旅 11/14~11/21   Part1

 スペインは日本と同じ緯度に位置するため、気候は東京とほとんど変わりがなく、天候にも恵まれ過ごしやすい1週間でした。首都はマドリッド。広さは日本の1.3倍で人口は日本の1/3です。時差は8時間日本より遅れます。

 スペイン1日目・マドリッド観光

 スペイン広場にある「ドン・キホーテ」の銅像。馬に乗っているのがドン・キホーテでとなりがサンチョ・パンサです。中央は原作者のセルバンテスの記念碑。

 「マヨール広場」マドリッドの中心に位置し、17世紀にフィリップ3世によって建てられた4階建ての建物に周囲を囲まれています。現在2〜4階はアパートとして利用され、1階はギフトショップやレストランが立ち並び、地元の人々や観光客で終日賑わっています。マドリッドでもっとも古い広場です。ちょうどクリスマスマーケットの準備中で広場は乱雑としていました。

 「サンミゲル市場」マヨール広場のすぐそばにあり、市場というよりガラス張りできれいな飲食店街といった感じ。フルーツや生ハム、ケーキ・菓子類、魚介類、お酒のお店がところ狭しと立ち並んでいました。私達は見学しただけですが、夜には観光客や地元の人々で混雑するそうです。

 次にプラド美術館を見学しました。パリのルーブル美術館、ロンドンのナショナルギャラリーと並ぶヨーロッパ3大美術館の一つです。スペインを代表する画家、エル・グレコ、ベラスケス、ゴヤらの著名な作品などが展示されています。ベラスケスの「ラス・メニーナス」とボスの「快楽の園」が印象に残りました。撮影禁止だったので、写真はネットから引用しました。

 午後からは古都トレドの市内観光です。トレドはスペインの中央に位置し、16世紀にマドリッドが首都になるまで都として栄えたところです。イスラム、ユダヤ、キリスト教の文化が入り混じった建物が残り世界遺産に登録されています。

 トレド大聖堂は今でもスペインカトリックの大本山で宗教の中心の場となっています。トレド大聖堂の内部です。

 夜はマドリッド市内に戻りフラメンコショーを観賞して1日目が終わりました。

新DSC03935.JPG 新DSC03947.JPG 新DSC03958.JPG新DSCsinnDSC03956.JPG 新20180310153841.jpg 新20180310154345.jpg新DSC03976.JPG 新DSC03991.JPG 新DSC04034.JPG新DSC04006.JPG 新DSC04069.JPG  

posted by ユキ at 11:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

11月1日発売の『つり情報』に載りました!

 ボート釣りジャンキーズというコーナーで「三浦半島観音崎で激流のアジを制する男」というタイトルで紹介されました。
11月15日発売の『つり情報』では実釣編として2回に渡って紹介されます。

 お時間がありましたら、是非書店もしくは釣具屋さんで覗いてみてください。

ジャンキーズ.jpg ジャンキーズIMG_0003.jpg ジャンキーズIMG_0004.jpg

posted by ユキ at 17:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする