2018年01月24日

イタリアの旅 Part7 ローマ最終日です

 ローマは歴史的建造物が多く、古くからの街並みがそのまま残されていて、中世を思わせる美しい街ですが、それとは裏腹に駐車場が皆無という深刻な交通事情を抱えているようです。バスの窓から通りを覗いてみると、路駐は当たり前。それも日本では見たことがない二重三重駐車です。一番内側の車はどうやって脱出するつもりなのでしょうか。

 イタリアの旅もローマの一夜を残すだけとなりました。夜私達はローマの中心にあるテルミニ駅の広い構内を抜け、反対側にあるレストランに向かいました。テルミニ駅はイタリアでもっとも大きな駅で地下1階、1階、中二階と分かれていて、ショッピングセンター、レストラン、カフェ、スーパーマーケット、銀行、郵便局などが入り大勢の人でごった返していました。ここを通り抜ける時もスリやひったくりが多いので周囲に気を付けるよう注意を受けました。

 翌朝、窓から飛び込んできた壮大なアルプスの山々をしっかりと目に焼き付けて、フランクフルト経由で帰路につきました。乗り継ぎの手続きや観光の手順、レストランの予約やホテルのチェックインなど何から何までアシストしてくれた添乗員の濱口様。心強く安心して観光を楽しむことができました。そして「黒田さん!バッグが後ろに回ってる!」と毎日のように注意を受けていたおかげで何事もなく無事帰ってくることができたこととても感謝しています。それから今回観光に食事にいつもご一緒だった加藤ご夫妻、前田ご夫妻、杉山ご夫妻、富永様。いつしか打ち解けあい、会話も弾み思い出に残る楽しいイタリアの旅となりました。ありがとうございました。

新DSC03771.JPG 新DSC03772.JPG 新DSC03851.JPG新DSC03854.JPG 新新新ローマ地図.jpg 新新DSC03338.JPG新DSC03861.JPG 

続きを読む
posted by ユキ at 18:10| ラブリーな休日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

イタリアの旅 Part6 ローマ市内観光

 昼食に本場イタリアのピッツァをいただき、午後からはローマ市内観光をしました。まずは世界史の教科書にも登場する世界遺産の「コロッセオ」約2000年前に建てられた円形の闘技場で約5万人のローマ市民を収容できたそうです。ローマ皇帝はここを娯楽の場所として囚人どうしを闘わせたり、猛獣と闘わせたりして市民を楽しませたそうです。

 次に訪れたのがかの有名なトレビの泉です。透き通った水は大理石の彫刻の間を縫うように巨大な泉へと流れ落ちます。想像していたよりはるかに大きな泉でした。人込みをかき分け泉の縁に立ち、後ろ向きにコインを1枚投げ込みました。またローマに来られるというおまじないだそうです。

 次はおなじみの「ローマの休日」の舞台となったスペイン広場の階段です。後ろに「トリニタ・デイ・モンティ教会」が見えます。オードリーへップバーン(アン王女)がジェラートを食べていた場所はこのあたりでしょうか。座ってみました。ちなみにこの場所では飲食が禁止されているのでジェラート片手に記念写真は撮れませんでした。

新DSC03790.JPG 新DSC03810.JPG 新DSC03815.JPG新DSC03833.JPG 新DSC03842.JPG

posted by ユキ at 16:55| ラブリーな休日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

イタリアの旅 Part5 ローマバチカン美術館

 フィレンツェからローマへは300Km南下。高速道路をひた走ること4時間、到着した時にはすっかり夜になっていました。翌日の朝一番はバチカン美術館に入館しました。世界最小の国「バチカン市国」にある世界最大級の美術館です。

 ここの有名な作品はミケランジェロによって天井一面に描かれた巨大な天井画です。その1フレームにあの有名な「アダムの創造」が描かれています。学生の頃教科書に出てきました。映画「E.T.」の指を合わせるシーンはこの絵がモデルだったそうです。そして正面の壁には同じくミケランジェロの「最後の審判」が描かれています。この部屋の作品だけは撮影禁止とされていたので、出口の売店でポストカードをお土産に買いました。

写真説明

1.公園のように綺麗に芝生が敷き詰められているバチカン美術館の中庭。

2.人気のミケランジェロやラファエロの間は大混雑していて説明を受けられませんので、この中庭でパネルを見ながら事前に説明を受けているところです。

3.天井に描かれているミケランジェロの「アダムの創造」。ポストカードです。

4.同じくミケランジェロの「最後の審判」。真ん中のキリストから見て右側が天国に昇る善人、左側が地獄へ落ちる悪人が描かれています。ポストカードです。

5.「地図のギャラリー」16世紀に作られた40点ものイタリア各地の地図が廊下の両側に展示されています。

6.「地図のギャラリー」の天井は黄金に輝く絵画と彫刻でびっしりと埋め尽くされています。


新DSC03697.JPG 新DSC03694.JPG 新P1061015.JPG

新P1061018.JPG 新DSC03713.JPG 新DSC03711.JPG

posted by ユキ at 17:35| ラブリーな休日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする